最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめ

ブログパーツ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

仕事を休む。

 娘が学校で風邪をもらってきてしまいました。

先週の終わりごろから小学校でも集団風邪とインフルエンザにみまわれてしまい

とうとう学級閉鎖まで追い込まれてしまいました。

学級閉鎖が決まったとき、娘は何ともなかったのですが、

学級閉鎖翌日からどうも咳が。

そのまた翌日、小児科へ連れて行ったら風邪と診断。

インフルエンザではなくて良かったとはいえ、咳と発熱の症状がますます酷くなる一方。

今日になって再び小児科へ連れて行くと別の薬と熱冷ましをくれました。

それにしても

どうしてこうも出勤日に合わせて風邪をもらってくるのかしら?

親のことわりなしに勝手にもらってくるなといいたいですが、こればかりは。

ホーム長に電話で連絡して別の人に日勤代わってもらいましたが、

むちゃくちゃ気ぃ使います。

電話しながらペコペコ頭さげてますし。

シフト制のこの仕事、子供が小さいうちはいろいろ気を遣ってしんどいです。

介護福祉士国家試験

  F1010302_2                                  

  こちら北陸は雪です。

昨日の夜から降り続いていたので朝起きたら銀世界。

車がかまくら状態になっています。買い物行くまでに救出作業をしなければ。

さて、

本日1月25日は介護福祉士国家試験の日です。

(注:正確に言うと筆記試験です。この筆記試験に合格すれば、次の実技試験を受けることが出来ます。どちらも合格して初めて合格になります。)

かれこれ4年前のこと。

当時、幼稚園に入る前の娘の育児でほとんど勉強できず端から合格は諦めていましたが、とりあえず受けてみました。

受験会場の星稜大学の近くまで主人に送ってもらい、そこから一人で所々アイスバーンになっている道をこつこつ歩くと大学の隣にある星稜高校が見えてきました。

「へぇー!ここがあのゴジラ松井が通っていた星稜高校かー!」

とのんきによそ見をしたその瞬間、

   090125

 

ツルッ!!!

事もあろうに氷った道に足を取られ、滑ってしまいました。

幸い尻もちは逃れ、服が濡れることはありませんでしたが、

試験会場へ向かう人々が私の大声で一斉に振り向き、恥ずかしい思いをしました。

よりによって試験に行く途中に足を滑らせている私を見て、

「うわぁ・・・縁起悪いもん見てしまった・・・」

と思われたに違いありません。

そんなこんなで何とか筆記試験と3月に行われた実技試験に合格し、

晴れて介護福祉士になることができました!

受験生の皆さん。

滑るとか落ちるとか、縁起の悪いとされる忌み言葉は気にしたら負けです。←えらそうに言うな

ちなみに

今回の受験人数はおよそ14万人です。

毎年たくさん受験しているにもかかわらず、介護の現場は慢性的に人手不足。

今年の4月から介護報酬が3%引き上げされますが、

これで人手不足が解消されればと切に願うばかりです。

あとお給料も少し引き上げてくれればもっとうれしいんですけどねー。

寝かせてください。

  夜勤明け、

自宅に帰ると朝食を済ませた娘に学校へ行く準備をさせ、

洗濯を済ませてから少しの間寝るのが楽しみなのですが、ぐっすり眠れません。

必ずと言っていいほど何者かに起こされます。

例えば

20090117 この季節、灯油販売の車の音楽で起こされたり、

その後気を取り直して寝ていたら、

20090117a 誰かが来た!

スウェットから即座に着替える。

20090117e

この人たちが帰ったあと、鍵を閉める。

よし。今度こそ寝るぞ!

気合いを入れて布団に潜ると

20090117b_2

・。

もうすぐ町長選挙の投票日で、選挙カーが家のすぐそばを通りかかる。

立候補者の選挙カーと、選挙管理委員会の車が投票を呼びかける。

投票するから静かにしてくれ頼むから。

再び床につく。

20090117d 電話だ。

誰から?

娘が学校でケガでもしたのか?

それとも職場?

あわてて出ると

20090117f

こんなことはしょっちゅう。

布団やサプリ、化粧品や子供の教材、保険屋や証券会社等と言ったありとあらゆるセールスの電話はまさしく睡眠の敵。

ただでさえ電話のベルが怖いのに。心臓に悪い悪い。

お願いです。

もう2度とかけてくるな。

イライラしながら布団に潜る。今度は

20090117c_2   ・

古紙回収車に起こされる。

これもいつものこと。

でもたまに古新聞を出してトイレットペーパーやティッシュ1箱もらったりなど、何かとお世話になっているので怒るに怒れない。

で、

結局ほとんど眠れないまま、気がつけば3時になっていました。

夜勤前もこんな調子で仮眠が取れなかったりします。

これは夜勤のある仕事に就く人の宿命で仕方ないといえば仕方ないですけど。

あぁ、1週間とは言わないけれど、

せめて1日中家事もせずにゆっくり寝てみたい。

手書きが嫌い。

 だれよりも字が汚いです。

なので介護記録を書くという作業がどうも苦手でして、

この記録書きさえなければもっと楽なのになぁと思うのですが、そう言うわけにも行かず。

もういい大人なのでもっと綺麗な字を書くように心がけたいとは思うものの、これがなかなか・・・。

とくに夜勤で書く記録なんて本当にミミズの這ったような字になります。自分でも読めません。←え?

あまりのひどさに情けなくなります。

昔よく雑誌の裏表紙にあった日ペンの美子ちゃんで習おうかしら?という衝動に駆られたり。

字のことありますが、文章力も乏しいので文章がめちゃくちゃになったり、

特に変わった様子のない利用者さんのこともひねり出して何かを書かないといけなかったり、

不正予防のため失敗しても修正ペンは使えなかったりで

記録1つ書くにも何かとプレッシャーがかかります。

あーあ。

記録もパソコン入力できたらいいのに。

ちなみに旦那も字が下手で、娘は私たちの遺伝子をしっかり受け継いでしまったので他のお友達より字が汚いです。(悲

090111

どうでもいいことを思い出した。

 前の職場は老人病院で、(正確に言うと普通の病院だったのですが、私がいたころも既にお年寄りの方ばかりで、数年前に老人病院に鞍替え。)

私はヘルパーとして働いていました。

そういえばこんな話を聞いたことがあります。

Aさんという当時50歳ぐらいの用務のおっちゃんがいたのですが、

あるヘルパーさんが

「Aさんはおしりを見るだけで出産したかどうかがわかる。」

という話をしていたのを思い出しました。

そこらで歩いている女性の後ろ姿を見ただけで

「あ、この人は経産婦だ。」

とかが瞬時に分かるんだそうな。

ホンマかいな?

なんかその人にだけわかる特徴とかあるんでしょうね。

おしり、といえばこれ。

タモリ倶楽部のOPですが、

原曲のフルバージョンがありました。

なかなかおしゃれです。

しかもこの映像、50年前ですよ。

遅ればせながら

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

大晦日から夜勤で、

元旦が夜勤明けで、

2日が日勤で、

で、今になってこの記事を書いております。

大晦日は月末ということもあり職場で書類整理をしていました。

途中からダウンタウンを見ながら書類とともに年越し。

気がつけば、一束の書類が行方不明になっていました。

おかしいなぁ・・・と思っていたら、全く関係ない所にファイルしていました。

危なかった―。

そのあと「年の始めもさだまさし」を見て、

見回りをしたり、トイレ介助したり、

さらにそのあとは「朝まで生テレビ」を見ながら仕事。

仕事ははかどりましたが、ほとんど寝ていません。

翌日も朝から日勤でした。

あー、次の大みそかはゆっくりテレビ見ながら過ごしたいです。

あと「どうぶつの森」のカウントダウンに参加したいです。

(年明け早々今年の大みそかの話するな)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »