最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめ

ブログパーツ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

猫のケンカ

 まだ寒いというのに、最近やたらと猫のケンカを目撃します。

家の裏や隣の空き地からしょっちゅうケンカする声が。

今年に入ってやたらと多いように感じます。

ある日、日勤を終えて学童保育に行っている娘を迎えに行くと、いきなり猫のケンカに遭遇。

2匹ともかなりデカい猫。毛を逆立てていなくても十分大きい猫でして、

じーっと見ていると

「何見とるんじゃゴルァっ!!」

「見せモンちゃうぞ!!」

Cocolog_oekaki_2010_02_15_15_10_2

と言っているかのように、

こちらを見て怒っていました。

そないに怒らんかてええのに。

オタマトーン

 一昨日の夜勤明け、
体調を崩す利用者さんがいらっしゃいまして、それと同時に別の利用者さんが体調を崩されたり、さらには別の利用者さんが不機嫌になってしまったりということが立て続けにあったりしまして、
疲れとストレスがたまり、発狂しそうなぐらい気が高ぶったので
予約していた新型インフルエンザの予防接種を受けてから買い物に出かけました。

金沢のヴィレッジ・ヴァンガードで以前から欲しいと思っていたコレを探しに。

明和電機のオタマトーン!

F1010651_2

ジャーン♪

かわいいでしょ!!

F1010652_2

見ているだけで和みます。

F1010655_2

まずはこのオタマトーンを練習シートの上にのせ、練習します。

ある程度練習し、音階がつかめたところで演奏してみましたら、結構難しいんです。

一流オタマニストへの道は果てしなく遠い。

でも「ぷぇ~♪」という音が何ともマヌケなので

演奏しては笑い、笑っては演奏しの繰り返しです。

(ちなみに購入したお店では白オタマは既に売り切れており、黒2匹しか置いてませんでした。)

あぁ、白オタマも欲しいなぁ・・・。

http://www.maywadenki.com/otamatone/

仮眠

今日は9時から夜勤なので先ほどまで仮眠していました。

海沿いが見えたり、職場のスタッフがでてきたりと、なんやかんやと適当な夢を見ていたら、

その夢の最後の方で
どっかのベランダに出ると壁の少し高いところにに鳩が巣くっていたのを発見。

Cocolog_oekaki_2010_02_12_15_48_2_3

誰かが設置した洗濯かごに巣くっていました。

白っぽい雄鳩と普通の色の雌鳩が交尾していました。

私と目が合ったからなのか、2羽ともバタバタと巣を飛び立ち、

それを良いことにそーっと巣をのぞくと、中には数個の卵と、かわいいヒナが1羽いました。

この巣以外に、もう一つ向こうにも巣があり、そこでも2羽の鳩が仲良くしていました。

夢から覚め、

なにげに「鳩の夢」で検索したら

ttp://www.kenco1.com/yume/516.html

どうやら良い夢のようです。ついでに「卵の夢」も調べたら

ttp://www.kenco1.com/yume/384.html

これも良い夢のようです。

今日はなんかええことあるかな?

米って大事。

 先日ミクシィを見ていると、マイミクさんが

「近所のおばあさんがおなかがすいたので夜に米をもらいに来た」

という日記を書かれていました。

そこで私にも思い当たる節が。

ある日の夜勤でのこと。

深夜2時頃でしょうか。記録を書いているところに

「おはようございます。」

と、Iさんというおばあちゃんが部屋から出てきて私のそばに来られました。

0201a

「Iさん、まだ夜中の2時やけど。」というと

「米あるけ?今からケンちゃんにお弁当作るから。」

ケンちゃんとはIさんの息子さん。

息子さんといっても結構ご高齢です。でもIさんの中では「ケンちゃんは学校に行っている」のです。

「大丈夫、お米ならちゃんと用意してありますよ。それにまだ夜中の2時やからもう少し寝て、お弁当作って下さいね。」

米があることを知って安心したのか、Iさんは部屋に戻り再入眠。

またある日のこと。
Iさんが深夜に

「米買いに行く。」と言い出しました。

「大丈夫。米ならこっちでちゃんと用意してありますからね。」

と伝えると納得されてお部屋に戻られました。

Iさんに限らず、

「米あるか?」「米買いに行かんと」

と、何かとお米に気にかける方は他にもいらっしゃいます。

うちのおばあちゃん(姑)も
戦時中は米が無くてヤミ米を手に入れたとかなんとかといまだに話をしますので、

かつて台所を任されたおばあちゃんたちにとって「家に米があるかないか」というのは、私が思っている以上に切実な問題なんだと。

あと、利用者さんの3分の1ほどの方が「パンが苦手」と訴えられています。

戦時中とは違い、主食が米以外にある今ならば
「お米が無ければパンを食べればいいじゃない。」
と思うわけですが、そういうわけにはいきません。

パンそのものが苦手、もしくはパンはご飯の代わりにならないとお考えで。

(でも3時のおやつとして食パンをフレンチトーストにするとみなさん召し上がるのですが。おやつとしてならOKみたいです。)

やっぱ日本人は米です米。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »